理事紹介
理事長 田邉 勇人

tanabe

福岡県行橋市出身 アメリカで医学部卒業後、アメリカでER(Emergency Room:病院の緊急救命室)勤務をするかたわら医学教育を手がける。

アメリカでの医学教育は一般の人に対しても行われていることに刺激をうけ、帰国後、コメディカル(医師や歯科医師の指示の下に業務を行う医療従事者)教育に携わる。日本において医学を専門職以外の人にとの思いで、医学検定(日本医学検定協会)を創設。

 

副理事長 安達 耕一

adachi

大分県臼杵市出身。大学卒業後 昭和43年旧安田火災(現損保ジャパン)に入社。海外駐在・国内勤務(パリ、ニューヨーク、ロンドン、東京本社 名古屋、神戸他)。本社・子会社の要職を経て、医療業界に転出。「国際競争力の原点は家庭力にある」とし、健康な市民生活は「家庭内の健康知識のレベルアップにあり」との考えの下、市民への健康教育の普及に関心を持ち尽力している。

一般社団法人日本医療ホスピタリティ協会 理事長

 

専務理事 蔵敷 健治

kurashiki

東京都新宿区出身。高校卒業後、父の看病をしながら幾つもの職業を経験し2003年6月・顧客本位のより良いサービスの実現を支援する「Customer Satisfaction Feedback(CSF)」システムの提供を目指し株式会社フィードバック・ジャパンを創業。代表取締役就任。運営サイト『病院の通信簿』は2003年国際連合情報社会世界サミット大賞・日本代表選考会最優秀賞受賞。顧客(患者)満足度調査・向上のデファクトスタンダードを目指している。

株式会社フィードバック・ジャパン 代表取締役
一般社団法人日本医療ホスピタリティ協会 代表理事
株式会社アスリートサポート 顧問