協会概要
日本医学検定協会とは

医学検定協会は、EBM(根拠に基づいた医療)にのっとった正しい医学知識を日本に広めていくことを目的として設立しました。これは「医学についてもっと知って欲しい」そんな思いから発したものです。

日本の医療を取り巻く環境や諸問題は、報道等で知る機会は多くありますが、その根幹となる医学そのものについては、知る機会が限られています。

医学の知識というと難しく感じますが、実は、健康に生活するためには大切な知識です。

日常生活において健康は、大きな関心事です。健康であるためには、健康に関する知識とその活用が必要です。その知識とは、「自分の体の仕組みや働き」、「病気とはどんなものか」という知識ではないでしょうか。それこそが、私たちが伝えたい医学の知識です。

正しい医学の知識を習得することで、自分の健康や家族の健康、更には、社会全体の健康の維持・増進につながると考えます。

様々な病気や健康の情報が氾濫しています。それらに対して、一体何が効果的で、何が非科学的であるか、情報が増えれば増えるほど、判断が難しくなっています。

正しい知識は、どこから入手すればよいのか。医学書を紐解くというのが正解かもしれません。 しかし、分厚い医学書のどこから読んだらよいのか? また、専門用語の多さに辟易します。

私たちは、医学の知識を検定という形で、皆様の健康に貢献したいと考えます。医学検定に老若男女の制限は全くありません。ぜひ、多くの人にこの検定をチャンレジしていただきたいと思います。また、医学検定をきっかけに、医師・看護師など医療従事者をめざす人が増えてくれることを望んでいます。同時に、生涯学習の機会として利用していただければ幸いです。

私たちの取り組みに、ご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。

事業目的

当法人は、医学を核とする保健・医療および健康福祉に関する検定試験等を実施し、国民に対し根拠に基づいた正しい医学・医療知識を普及させ、その向上及び習得を図る。

それらの能力を養成し、広く国民の医学・医療知識の向上と健康福祉の増進を目指すとともに、生涯学習の振興に資することを目的とする。

協会情報

名称

一般社団法人 日本医学検定協会

英語表記

The JAPAN Society for Medical Quiz

所在地

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-29-3

代表者

代表理事(理事長) 田邉 勇人

設立年月日

2010年3月4日

アクセスマップ